日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Siriは有能なアシスタント(^_-)



お世話になっているパソコン教室で、先月、iPadのSiri機能というものを(ちょっとだけ^^)教えていただきました。

「Siriって何?」と思われた人、かなりいらっしゃるのでは? (^_-)(私も、このとき初めて知った一人です^^)。

Siriとは、ネットで調べてみると(ウイキペディアによると)、「iOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェア」とあります。(ちなみにiOSとは、アップルが開発・提供するオペレーティングシステムのことだそうです)。

こんな難しい説明では、なんのことだかさっぱりわかりませんが、要するに、声に反応して、メールを書いたり、電話をしたり、アプリを起動させたり、まるで隣にアシスタントがいるかように、さまざまな操作をしてくれる機能のことを言うらしいです。

まず、iPadのホームボタンを長押しすると、画面にマイクが現れます。そのマイクに向かって話しかけると、内容に応じて、Siri(さん)が声を出して答えてくれるのです(つまり、いちいちキーを打つ必要がないのです。すごーい(^_-))。

Siriさんに向かって(顔は見えないけど^^)、
「あなたは誰ですか?」と聞いてみると、
c0237493_22323150.png

「あなたのつつましいバーチャルアシスタントです。」と答えてくれました。自分のことを「慎ましい」だなんて(フフ)。

その声の感じが、40代の女性かな~と思ったので、失礼とは思いましたが、ちょっと突っ込んで聞いてみました(^_-)。

「Siriさんは女性ですか?」
c0237493_22344970.jpg

「動物とネジには性別がありますが、私にはありません。」ですって^^。
例えが??ですが、なんだかうまくかわされてしまいました。

「Siriさんは何歳かな~?」と聞いてみたら、
c0237493_22355614.jpg

「少なくとも、アシスタントを務められる年齢ですよ。」と、これもうまくかわされてしまいました(^_-)。

もっとSiriさんのことが知りたくて、
「あなたはどんなことができるの?」と聞いてみると、
c0237493_22371796.jpg

c0237493_22373443.jpg

すごーい(^_^)v。
「康則君にfaceTime」「写真を開く」
「克也君にすぐ行きますと伝えて」
「9時に会議を設定」「ジャイアンツの昨日の結果は?」
「新宿の地図を表示して」・・・・
フウーッ、まだまだ指示できることがたくさんあるようです^^。まるで有能な秘書ですね^^。

試しに、今日の川崎の天気(2月22日)を聞いてみよう。
c0237493_22475956.jpg

「今日の川崎市はいい天気になりますよ。最高気温は8°で、ときどき晴れるでしょう。」と、即座に答えてくれました。

「じゃあ、明日(2月23日)の川崎の天気はどうかしら?」
c0237493_22492970.jpg

と、すぐに調べて教えてくれます。

感動して、「あなた、とても賢いのね。」と褒めると、
c0237493_22515666.jpg

フフ、「恐縮です。」ですって。とても礼儀正しい方なのですね^^。

ちょっと意地悪して、夜なのに、「おはよう!」と言ってみたら、
c0237493_22535474.jpg

「おはようございます。今は23:14ですから、正確にはこんばんはでしょうか。」と、Siriさんは、やんわりと間違いを正して答えてくれました(ほんとうに賢ーい^^)。

この便利なSiri機能ですが、
今のところ、いちばーん気に入っている機能は、何と言っても「目覚まし」です(^_-)。

「明日6時に起こしてね」とマイクに向かって言うと、
c0237493_2311215.jpg

すぐにセットしてくれます。

しかも、午前0時前後に「明日6時に起こしてね」と言うと、
c0237493_2321243.jpg

「念のために日付を確認させてください。2月22日ですか?2月23日ですか?」と、わざわざ聞いてくれるのです(涙)。
もうこうなると、そんじょそこらの秘書さんより、賢いかもです^^(そんなはずないか~^^)。

このようにセットして、Siriさんを大事に枕元に置いて寝ると、朝6時ピッタリに音楽がなって、やさしく起こしてくれます。

有能で礼儀正しく、そしてつつましいSiriさん(*^_^*)。
これからも、私のアシスタントとして末永くお付き合いくださいね(^_^)v。
by bananadebu | 2013-02-22 23:27 | パソコン教室 | Comments(5)

ドラえもん電車にウキウキ(*^_^*)



小田急線に、ときどきドラえもん電車が走っているのを知っていますか?(正式には、「小田急F-TrainⅡ」と言うらしいのですが^^)

小田急線の新百合ヶ丘にある自宅マンションは、線路際に建っていて、ベランダに出ると、通過する電車を(一瞬ですが)見ることができるのです(^_^)v。

ベランダの鉢植えに水をやっているとき、ちょうど特急電車が通ったりすると、もうそれだけでウキウキ。淡いブルーの車体や真っ白なモダンな車体、昔からよく見かけていたオレンジ色の車体など、眺めているだけでプチ幸せ気分になります。今日1日何かいいことが起こりそうな・・・ネ(実際はいいことなどめったにないけれど^^)。

そんな上り下りの通過する電車に混じって、昨年のいつ頃からか、ドラえもん電車が走っているのを見かけるようになりました。

初めて見たときの驚きったら、もう目がパチクリ。まるで遊園地にいるみたい。
いい歳のオバサンでも、幸せ気分で笑顔になってしまいます(#^.^#)。               

ドラえもん電車のことをもう少し詳しく知りたくて、いつものようにネットで調べてみました(^_-)。


                     ♪♫♫♪♪♫♫♪♪♫♫♪♪♫♫♪


ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄は、富山県の出身ですが、昭和36年から川崎市多摩区生田に住居を構えて、その後もずっと生田を創作活動の拠点にしていたそうです。

1996年、藤子・F・不二雄が亡くなると、夫人から川崎市に、遺品(ドラえもんの漫画の原画など約5万点)を、川崎市の文化財として有効活用してほしい、との申し入れがあったそうです。
そのことがきっかけになり、「藤子・F・不二雄ミュージアム」を造るという、壮大なプロジェクトに発展していったとのことでした。

                         ♪ ♪ ♪

小田急線の新宿駅から、急行で20分くらいのところに、向ヶ丘遊園駅があります。
その駅でモノレールに乗り換えて、しばらく行ったところに向ヶ丘遊園地がありました。

生田緑地の中にある広大な遊園地は、以前はとても賑わっていましたが、時代の流れからか訪れる人も年々少なくなり、10年ほど前に、ついに閉園し、壮大な跡地が残りました。(駅名は、今でも向ヶ丘遊園ですが^^)

その遊園地の跡地に、ミュージアムを建設する案が浮上、2011年9月、ついに、「藤子・F・不二雄ミュージアム」が完成する運びとなったそうです。


                        ♪ ♪ ♪


小田急線にドラえもん電車が走るようになったわけは、「藤子・F・不二雄ミュージアム」の開館1周年を記念してだったのですね(^_-)。
ただ、残念なことに、小田急電鉄のHPを見ると、今年3月22日までの限定運行とありました。本当にざんねーん。

これからもずっとずっと走り続けて、子供たちだけでなく私のようなオバサンにも、夢を与え続けてほしいなあ (^_-)と思うのですが・・・。



c0237493_1720959.jpg
新百合ヶ丘の向かいのホーム(下り)に、たまたま止まっていました。ラッキー(^_^)v。
ただ、周りに人がいっぱいいたので、この歳でカメラを向けるのはけっこう勇気が要りました^^。



c0237493_17202340.jpg
3年前の、ミュージアムの開館記念の際にも、ドラえもん電車は運行されたらしいのですが、某自治体から^^、都屋外広告物条例に抵触するとの指摘を受け、2ヵ月余りの運行で終了してしまったとか。しかし、復活を望む声が多かったことから、今回のドラえもん電車は、広告物に当たるキャラクターや文字の面積を車体の10分の1以下に抑えることで条例をクリアし、ミュージアム開館1周年記念を前に再開したそうです(神奈川新聞参照)。
ほんとうにたいへんだったのですね(*_*)。なおさら、3月22日で終了は惜しいです。

by bananadebu | 2013-02-11 22:11 | 日常 | Comments(6)