日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画・テレビ( 2 )

「クランフォード」



「クランフォード」とは、イギリスの架空の小さな田舎町の名前で、イギリスBBC放送が2007年に制作した全8話のテレビ向けドラマです。

昨年、LaLaTVの番組表をチェックしていたら、「クランフォード」というドラマの名前が目に入り、なぜかとても気になったので、詳細を確認したら・・・、
な、な、なんと、ジュディ・デンチ主演とあるではありませんか^^。

あのジュディ・デンチがテレビドラマに出演するなんて、どんなドラマかしら? きっと見応えがあるに違いないわ、といつものミーハー心がフツフツと湧いてきて、見始めたのでした。もちろん録画して、あとで一人でゆっくりとね(^_-)-☆。

その「クランフォード」が、また今夜から再放送されるのを知り(あまりにも緊急ですね^^)、とても素晴らしく感動的なドラマだったので、ジュディ・デンチのファンで、まだ、このドラマの存在を知らない方に、是非情報だけでもお知らせしたいと思ったのです(^-^)ゞポリポリ。


♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~♪♫~


この「クランフォード」の物語の舞台は、19世紀のイギリスの、ごくありふれた保守的な田舎町ですが、この町にも産業革命の発展によって、近代化の波が否応なく押し寄せてきます。町の中を鉄道が通ることになり、特に豊かではないけれど、穏やかな生活を送っていた静かな田舎町は大混乱。そこで暮らす人々の日常と、もはや避けられない変わりゆく時代の中での人々の葛藤を、ていねいに描いています(LaLaTVの解説参照)。


全部で8話あり、1話が約1時間です。(見応え十分)
何がすごいって、テレビ用に作られたドラマなのに、出演者が名優揃いなのです(おそらく平均年齢は50歳を超えているかも^^)。ジュディ・デンチだけではありません。イギリス映画にあまり詳しくない私でも、あの人も知っている、あ、あの人も・・、あ、この人も・・・という具合で、どこかでみたことのある俳優さんばかり(お顔だけで名前はわからないのですが(^_^;))。演技の確かさにもう圧倒されっぱなしです。
特に、ジュディ・デンチのお姉さん役のアイリーン・アトキンスという女優さんは(このドラマで初めて知ったのですが)、ジュディ・デンチ以上の存在感を感じました(*^_^*)。


c0237493_9455294.jpg
ジュディ・デンチの左側の女優さんがアイリーン・アトキンスです。すごい存在感を感じました^^。
c0237493_947381.jpg


イギリスのドラマが好きな人。ジュディ・デンチが好きな人。ヒューマンドラマが好きな人。イギリスの田園風景が好きな人。19世紀の古きよき時代が好きな人。

どれか一つでも当てはまって、かつ時間がたっぷーりある人は(もちろん時間のない人もネ^^)、是非見てください。回が進むごとにドキドキハラハラ、最後は心がホンワカして、きっと見てよかったと思われるドラマだと思います(*^_^*)。



★キャストやあらすじなど、詳しくはココを参考にしてくださいネ(今は開くことができないようです<(_ _)>)。




★LaLaTVは「女性チャンネルLaLaTV」とあるように、女性を対象にした番組が中心のチャンネルですが、特別に契約しないと視聴できないようです((>_<))。私が住んでいるマンションは、J:COMに加入しているため視聴できるようです。LaLaTVが視聴できない場合は、ココを参考にしてくださいネ。

by bananadebu | 2012-07-25 10:00 | 映画・テレビ | Comments(4)

テルマエ・ロマエ



連休中、例年通り、どこにも出かけなかった我が家。
連休最後の6日、私がヤマザキマリの大ファンと知っている夫が、「テルマエ・ロマエ」でも観に行くか~?とめずらしく誘ってくれたので、近くの映画館(ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘)で観てきました。


「テルマエ・ロマエ」とは、ラテン語でローマの風呂という意味だそうです。

物語は、古代ローマのハドリアヌス帝時代で、風呂の設計技師をしている、気真面目で誇り高いルシウスが、アイデアに行き詰まると、なぜか現代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまいます。日本の素晴らしい風呂文化に接して感動し、そこから得たアイデアを古代ローマの風呂作りに取り入れていく・・・という、非現実的なお話です。

よくあるファンタジックコメディですが、イタリアのチネチッタ撮影所の巨大オープンセットを使って撮影しただけあって、壮大な古代ローマの雰囲気は、十分楽しめました。

また、生真面目なルシウス役の阿部寛と、どこか抜けている漫画家志望の上戸彩の演技が以外にもおもしろく(あまり期待していなかったので^^)、館内のあちこちから、大きな笑い声が聞こえてきました(-^〇^-)。(私も、けっこうクスクス笑ってしまいました^^。)


この「テルマエ・ロマエ」は、同名のコミックを映画化したものですが、作者のヤマザキマリさんは、以前から(テルマエが出版される前から)、私は大ファンでした。

“イタリア大好き人間”を自称する私は(^_^;)、本屋さんで、本の題名に「イタリア」という文字を見つけると、あまりジャンルも考えないで、とにかく買ってしまうのです(-_-;)。

そのときも、いつものように本屋さんをウロウロしていたら、コミックの棚に「イタリア」を見つけ、内容もわからないまま買ってしまいました。

その本は、「モーレツイタリア家族」という題名だったのですが、読んでみたらおもしろいったらなんの・・・。こんなユニークな日本女性がいたとは?マンガよりマンガのような家族に、もうびっくり!! \(◎o◎)/

それからは、ヤマザキマリさんてどんな人だろう?と興味を持って、次々に出版される本を買うようになりました。

いい年のおばさんがマンガを読んでいる姿は、あまりカッコいいとは言えないけれど、それまでマンガをほとんど読んだことがない私が、はまってしまったのでした((>_<))。


テルマエ・ロマエは、その流れで買って読んだのですが、それ以前に出版された本(コミック)と比べて、私にはあまり興味を引く内容ではありませんでした。だから、現在4巻目が出ていますが、2巻目以降は読んでいないのです。

でも、なぜかそのコミックが大ヒットし、2010年のマンガ大賞を受賞して、映画化に至ったのですから・・わからないものですね(^_^;)。


そんなわけで、夫が誘ってくれなかったら、恐らく観にいくことはなかった「テルマエ・ロマエ」でしたが、思いのほか楽しめて、日頃のストレスを発散することができました。
夫よ、誘ってくれてありがとう(^-^)ゞポリポリ。


c0237493_1413444.jpg

by bananadebu | 2012-05-07 14:20 | 映画・テレビ | Comments(3)