日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

ばななの病気~クッシング症候群



5歳のとき、遺伝性の疾患で失明してしまった我が家のばななも、もう少しで10歳の誕生日を迎えます(ばななはミニチュアダックスの女の子です^^)。

失明のハンディも感じさせず、元気に過ごしているばななですが、実は、2年ほど前に、クッシング症候群という病気になりました。

何となくおかしい?と感じ始めたのは、水を飲む量が異常?に多くなったからでした。飲み始めると1分くらいひたすら飲み続けます。それが、1日に何度もなのです。

当然、おしっこの量も半端ではありません。包装袋に「3回分のおしっこを吸収する」と書いてあるラージサイズのトイレシートが、1回のおしっこでまったく使い物にならなくなってしまいます。しかも、おしっこの回数が多いので、1日10枚以上使うようになりました(トイレシート代もバカになりませーん(>_<))。

その頃のばななの体重は、(必死の^^)ダイエットの効果もなく、少しずつ増えて、1〇(ジュウウン)キロにもなっていました(-_-;)。

糖尿病かしら?そのうちお医者さんに診てもらわないとダメかなあ・・・と思いましたが、あいかわらず食欲が旺盛で元気いっぱいだったので、こちらの忙しさにかまけて、ついつい先延ばししていました(-_-;)。

そんな状態がしばらく続いていたのですが、そのうち、なんとなくおかしな症状が表れるようになりました。

性格が豹変するというか、普段はとても穏やかなばななが、突然、ウゥッー、ウゥッー、と言いながら、(犬)歯をむき出して、〝近寄るなオーラ″を出すようになったのです(そのときの顔つきは、同じばななとは思えませんでした(-_-;))。

そういう状態のとき、いつものようにナデナデしようと手を出そうとすると、もしかしたら噛みつかれるのでは?という恐さすら感じるようになりました(>_<)。でも、その変化は短い時間だけで、しばらくすると、また元の穏やかなばななに戻っているのです。
そういうことが、ときどきですが、繰り返し起こるようになりました。


やっぱりなんかヘン。はやくお医者さんに診てもらわなくては・・・と思っていた矢先のことです。

毎日散歩に連れて行き、ばななといちばん信頼関係がある(はずの)夫が、いつものようにナデナデしようとして手を出したら、突然、手の甲や指を深く噛まれてしまったのです。
家族の誰よりもばななをかわいがっている夫は、まさか自分に噛みつくはずはないと思っていたのだと思います。油断していた分、夫の傷は思いのほか深く、破傷風の感染が恐いので、夜だったのですが、救急で、近くの聖マリアンナ病院に駆け込んで診てもらいました(-_-;)。

ぜったいおかしいわ~ (>_<)。

心配になり、さっそく、かかりつけのクリニックに連れて行きました。
担当の先生の診断は、詳しく検査をしてみないとはっきりとは言えないが、恐らくクッシング症候群ではないか、とのことでした。


〝クッシング症候群″ってなに?初めて聞く病名でした。

ネットで調べてみると、
クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が体の中で過剰に分泌されるために生じる病気の総称で、ダックスやプードルに比較的多い病気、とありました。
主な症状は、多食・多飲・多尿、ビール腹、抜け毛などで、ばななは、抜け毛はほとんどなかったけど、他の症状はすべてあてはまりました(-_-;)。

それからがたーいへん(>_<)。
1日がかりの検査で、ほぼ〝クッシング症候群″であることがはっきりしたのですが、治療薬(過剰に分泌されるホルモンのバランスをとる薬)の分量を決めるのに、何度かクリニックに通うことになりました(病気の程度やワンコの体重によって、投与の分量が微妙に違うのだそうです)。

この薬は一生飲み続けなければならないので、それからも、薬の量が適量で効果が持続しているかどうかを確認するため、定期的に検査してもらっています。


薬を飲み始めておよそ2年。多飲・多尿・ビール腹は、(気持ちていど^^)改善されたかも^^。うーん、だけど多食はあいかわらずかなあ・・・(^_-)。

でも、なにより、〝近寄るなオーラ″を出して性格が豹変する症状は、この薬を飲み始めてからまったく出なくなりました(^O^)。
ネットで調べても、クッシング症候群の主な症状に、性格が豹変することは書かれていないのだけど、やっぱりこの病気がなんらかのかたちで影響していたのではないかと思います。
ともかく、すっかりいつもの穏やかなばななに戻りました。よかった~!(^^)!。


ただ、たいへんなのは薬代(フウーッ)。
今は毎日夕食時に、50mgずつ飲んでいますが(最近は、朝食時に甲状腺ホルモン剤が足されました(-_-;))、これが(超)高いのです。こんなことだったら、ワンコの健康保険に入っておくのだった~、と後悔しましたが、あー、もう今となっては手遅れよ~(>_<)。


 ♪♪♪


c0237493_1015658.jpg
これが薬(ホルモンのバランスをとる薬)です。この3つのカプセルを毎日夕食時に飲ませます(朝食時には、ピンク色の薬の甲状腺ホルモン剤を飲ませます)。
ごはんに混ぜても、薬だけじょうずに「ペッ」と吐き出してしまうので、お肉で巻いて味がわからないように飲み込ませています(けっこう、毎回たいへんでーす(>_<))。
←私の取材不足があり、朝食時の薬について、10月8日に訂正しました<(_ _)>。



c0237493_23113850.jpg
ばななのこのアンヨ(後ろ足)がたまりませーん(*^。^*)。
by bananadebu | 2013-09-25 10:35 | ばなな | Comments(9)
Commented by クリス at 2013-09-25 22:36 x
矢車草さん
ばななちゃんの愛おしい(笑)アンヨ眺めながら、
ご家族の温かさに、ばななちゃんは目が見えなくとも幸せね!と感じています。

〝クッシング症候群″こういう病気があるのですね。
私も、どこからかパンを探して銜えていたクリスから、
そのパンを取り上げようとして、思い切り噛まれたことがあります。
それはそれは痛かった~
実際の傷の痛みに、愛犬に噛まれた心の痛みも加わって…(笑)

〝近寄るなオーラ″が収まってよかったですね~
ウン!ウン!動物病院では福沢諭吉さんの価値はぐっと軽くなるようで…
心臓病のケがあったクリスの薬代は、家族の合計を超えていたような憶えがあります。

それでも、かけがえのない癒しの存在ですものね。

矢車草さんは、ご家族のなかで紅一点かと思ってましたら、紅二点?でしたね~
Commented by 矢車草 at 2013-09-26 08:30 x
クリスさん
おはようございます(*^_^*)。

え、クリスさんも愛犬クリスちゃんに噛まれたことがあったのですか~?
それはそれは、心のショックが大きかったでしょうね。
でも、きっと、クリスちゃん、噛んでしまった後、「えっ、もしかしてママさんを噛んでしまった??どうしよう(>_<)」と、すごーく後悔してたと思います(^_-)。
性格がヘンになっていたばななですら、噛んでしまったあと(我に返ったように見えて^^)すっごーく後悔したような顔をして落ち込んでいました(というように私には見えましたです^^)。

ほんと、動物病院では福沢諭吉さんの価値がぐっと軽いですよね(>_<)。病気知らずで一生を終えるワンコは、ほんとに親孝行だなーと思いますワン。

そうなんです。我が家は紅二点ですよ~(^_-)。でも、二人ともオバンですが・・・^^。

P.S. あの~、ココで訂正があったことをお知らせさせてください<(_ _)>。
クッシング症候群の薬をホルモン剤と書いてしまいましたが、実際は過剰に分泌されるホルモンのバランスをとる薬でした。勉強不足ですみません<(_ _)>。
Commented by Dai at 2013-09-30 22:12 x
こんばんわ~
犬の病気も いろいろあるんですね~
ダイも 7歳ぐらいの時かしら? 多飲多尿が 2~3日続いたのですが元気で食欲もあり、様子を見ていたのですが・・・

やはりホルモン関係って難しいんですよね。
副腎資質亢進症と言う病名を貰いましたが 薬の量を間違えると返って重傷になるという説明を受けました。
で 薬の服用は控えて様子を見る事にしましたら 何とか多飲多尿は改善されました。
多分軽かったのでしょうね。
1年に1回ぐらい おしっこの量が多くなり、また病院行かな~と思っているうちに 平常になったり…

ばななちゃんも心配ですね。
でも穏やかな表情になって 薬が効いていると言う事なのでしょうね。

ホント、薬代はお犬様って 高いのよね~(>_<)
愛情いっぱいうけて ばななちゃんは幸せワンコですね~
(^.^)/~~~
Commented by 矢車草 at 2013-10-01 09:10 x
Daiさん~、おはようございまーす(*^_^*)

ネットで調べたら、クッシング症候群は、別名「副腎皮質機能亢進症」とあったので、ダイちゃんの病気はばなと同じだったのかもしれませんね(^_-)。でも、軽くて薬のお世話にならずに回復してほんとうにラッキーでしたね(^_^)v。
「薬の量を間違えると返って重傷になる」と伺ってビックリ。確かに、ホルモンの働きを調整する薬なので、そうかもですね。だから、ばななは何度もクリニックに通って量が適正なのか検査しているのですね(納得~)。←でも検査代も非常にいたーい(>_<)。
ばななの場合は、脳下垂体に腫瘍がある可能性が大きいのだそうです。それで、副腎ホルモンを調整する薬の他に、同時に甲状腺ホルモン剤も少量ですが飲んでいるんです。
最近は糖尿病の症状も出てきて(-_-;)(原因は、クッシング症候群からきているらしいのですが・・)。
きっとほとんど遺伝的な疾患なのでしょうね~。
考えると、病気ばかりでとってもかわいそうですが、実際のばななは、毎日食い意地が張っていて元気にしていますワン。なんやかんや、昨日で10歳になりました(*^_^*)。
Commented by Dai at 2013-10-01 10:26 x
ばななちゃん~

10歳のお誕生日おめでとうございます。

小さいうちは おもちゃのプレゼントなどしたのですが 大きくなるとマ、いいっか~~でしたワン!

ダイも 脳腫瘍の可能性があり 首(顔)が曲がってしまったみたいです。
写真をよく見ると 10歳ぐらいから目がへこんで・・・
少しづつ病状が悪化していったのかもしれません。
でもはた目には元気で よく食べていたのでねぇ~
完全に立てなくなってから、今でもよく思い出しますワン!

ばななちゃんも長生きするんだよ~~~~

ホント、薬代は なんで と怒りたくなるぐらい高額でしたね。プンプン
でも多分 ばななちゃんの方が高いのではと推測します。
今朝は散歩中に 降られましたワン。(>_<)
Commented at 2014-04-17 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bananadebu at 2014-09-15 15:39
kyokoさん、初めまして。
長い間、コメントをいただいたことに気が付かず、お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
クッシング症候群という病気で亡くなることがあるとは、今回伺うまでまったく知りませんでした。突然のペットの死にkyokoさんがどんなにショックを受け悲しまれたかと思うと、どうしてもばななに重ね合わせて想像してしまい、とても心が痛いです。
ただ、私もこの病気のことは、ブログに書いてあることくらいの知識しかなく、あまり詳しいことはわかりません。たまたま診ていただいたクリニックでクッシング症候群と診断されて、今まで定期的に検査をして、そのときの数値によって薬の量を加減していただいているだけなのです(最近は50mgから40mgに減りました)。
そんなわけで、kyokoさんのワンコちゃんの突然の死に、なにかお役に立てそうにありません。ほんとうに申し訳ございません。
天国で、ワンコちゃんがkyokoさんに感謝しながら見守ってくれていることをお祈りしております。


Commented by mayuu at 2014-09-25 11:23 x
クッシングは、脳下垂体か副腎腫瘍です。うちは、大学病院で副腎摘出手術しました。いろいろ手術のリスク、合併症など心配し、悩みましたが成功し安定し今は、手術やってよかったです。費用は、痛く80万かかりました。
Commented by maruta at 2014-09-26 00:06 x
はじめまして
検索していてたどり着きました。
わがやのラブラドール♂8歳も1月からクッシング症候群とわかり薬物治療をしています。糖尿病も併発して費用が月に6万円くらいかかります。保険にはいっていないので結構、家計を圧迫してます(/ω\)