日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

フランスの至宝、奇跡の初来日!~貴婦人と一角獣展



先日(5月22日)、病気療養中の弟のリクエストで、国立新美術館で開催されている「貴婦人と一角獣展」に行ってきました(*^_^*)。

3ヵ月ほど前、たまたま読んでいた雑誌に、この展覧会の開催予告が載っていたのを見つけた弟が、そのページを私に見せて、このタピスリーを見たいのだけど・・・どうかなあ、と言ったのです。

昨年の暮れ頃から、足の痛みとしびれで歩行が思うようにいかなくなった弟は、遠出の外出は車椅子でしか移動ができなくなりました。だから、申し訳なさそうに連れて行ってほしいと私に言ったのです。

そんな弟の希望なので、是非叶えてあげたいと思いましたが、その頃、体調のアップダウンが激しく、約3ヵ月間の開催中に、もしかしたら見に行くことができないのでは、と不安に思いながら・・・、体調が少し安定して、平日で天気がよさそうな日を選んで、思いきって行こうと決めました(^_-)。

国立新美術館までは、最寄駅の新百合ヶ丘から乗り換えなしで、千代田線の乃木坂まで行くことができ、しかも乃木坂と美術館は直結しているので、ラッキーなことに車椅子でもラクラクに行けるのです(^_-)。

行こうと決めた日は、弟の強い気持ちが通じたのか、体調もすこぶるよくて、5月の爽やかな気持ちのいい風が通る、最高のお出かけ日和になりました(*^_^*)。


♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪


国立新美術館の広い会場の壁に掛けられた、「貴婦人と一角獣」の6枚のタピスリーの前に立ったとき・・・

その大きさにまず圧倒され、何とも言えない深―い赤色の背景が目に入ってきました。
よく見ると、その赤い色の中に無数の花々が散りばめられています(フー、美しい~)。

次に、たくさんの宝石(もうビックリ!)と当時の最高の織物の服を身にまとった、美しい貴婦人と侍女が目に入ってきました。

その貴婦人の傍らで、空想の動物で獰猛だと言われている一角獣が、なぜかとってもかわいい目をして、やさしく微笑んでいるではありませんか^^。
ウフ、とってもチャーミングだわ~(^_-)。

紋章を掲げたライオンやおすまししたワンコ、サルや鳥など、じーっと見ていると、いろいろな動物たちも目に入ってきました。

これが、織物でできているなんて・・・すごーい。近づいてマジマジと見ても、とても信じられません。

フランスのクリュニー美術館の門外不出と言われた「貴婦人と一角獣」のタピスリーが、今回、門外に出ることになったのは、元修道院長の館だったという美術館を改装するためで、その間サプライズで日本に来ることになったらしいのです。

パンフレットに、「フランスの至宝」と書かれていたけど、ほんとうに納得です(*^_^*)。
今まで、タピスリーというものにまったく興味はなかったのに、なんというか、とてもミステリアスで新鮮な感動がありました。



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬


見終ったあとに、美術館内のレストランで食事をしたのですが、そのとき、弟がこのタピスリーとの出会いを話してくれました(*^。^*)。

弟は、ウン十年も昔の大学4年生のとき、卒業記念旅行と称して、ヨーロッパをひとりで旅行したらしいのです(卒業旅行に行ったことは、今回初めて聞いたわあ~(-_-;)。私の時代には考えられなかったなあ。)

イタリアからフランスに行こうと電車に乗ったら、たまたま隣に座っていた(品のよい)おばさまが、パリに住んでいる妹の家に遊びに行くところで、よかったらあなたもいらっしゃい、と誘ってくれたのだそうです(学生のひとり旅だったので、お金もなく泊まるところもないのでは?とかわいそうに思われたらしいです^^)。

妹が住んでいるというパリのお宅は、料理人がいる、まるで映画に出てくるような瀟洒なすごーく広いアパルトマンだったらしい。(なにしろ、朝ごはんはベッドまで食事が運ばれてきたと言っていました。ヒャー、日本では考えられない生活。ビックリ~(*_*))。

その妹という人は、夫と息子が二人いるのですが、画家でもあるらしく、当時あまり観光客の行かないクリュニー中世美術館に、家族と一緒に連れて行ってくれたとのことでした。

その頃のクリュニー中世美術館は、もともとは修道院長のお屋敷だった建物を美術館として利用していたので、中はとても薄暗く、6連作のタピスリーは、一部屋に1枚ずつ壁に掛けられていて、赤の色は、今回見た色よりずっと暗く、ワイン色に見えたそうです(現在のクリュニー美術館は、一つの広い部屋に6枚のタピスリーが飾ってあるらしいです)。

ふーん、そういうすてきな思い出があったんだ~。きっと、今日の「貴婦人と一角獣」を見ながら、ウン十年も前の青春の記憶を思い出したに違いないわ~。

帰りの電車の中で、「貴婦人と一角獣」のタピスリーはほんとうにすばらしかった、見に来れてよかった~、と言ってくれたので、車椅子を押す疲れも吹っ飛んで、とてもいい気分でした(^_-)。

弟が見たいと言わなかったら、フランスのお宝、恐らく見ることはなかったかもしれないので、もしかしたら、私の方がお礼を言わなければ、ネ(*^_^*)。
ほんとうにすばらしい展覧会でした(*^_^*)。



♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪♪♫♪


♪♪♪ いつものように絵葉書を買ってきました~(*^_^*)。


フランスでは、このタピスリーを知らない人はいないくらい有名で、中世美術のモナリザと言われているらしいです。
解説によると、6連のタピスリーのうち5枚は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」の5感を表していて、残る1枚は「我が唯一の望み」で、これが何を意味するかについては、“愛”“知性”“結婚”などの諸説があり、いまだ謎に包まれているらしいです。なんともミステリアス(^_-)。



c0237493_253287.jpg
「触覚」



c0237493_2535457.jpg
「味覚」 一角獣の目がとても優しくてチャーミング(^_-)。(一角獣は貴婦人に対する男性の恋人の役割を演じているらしい。やっぱりね~^^)。



c0237493_2543680.jpg
「嗅覚」



c0237493_32118.jpg
「聴覚」



c0237493_323664.jpg
「視覚」



c0237493_33064.jpg
「我が唯一の望み」



c0237493_2257168.jpg
豪華な衣装を身にまとった貴婦人は、白馬に乗った王子様を待っているお姫さまって、こんなのではないかしら?と中世のお姫様物語を想像してしまったけど^^、どの貴婦人も、何となく物悲しい表情をしていて(私には幸せそうに見えなかった~)、恐らく、将来悲しい結末が待っているに違いない、と想像を膨らませてしまいました^^。
[PR]
by bananadebu | 2013-06-17 00:00 | 音楽・美術