日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

新百合ヶ丘~2.5軒の美味しいケーキやさん (^_-)



新百合ヶ丘ってどこにあるの?と思っている人が、恐らくはほとんどではないでしょうか~(^_-)

新百合ヶ丘は、新宿から箱根や江の島方面に向かう小田急線に乗って、25分位(急行)のところにあります。
1974年に、多摩ニュータウン方面に行く分岐駅として、丘陵を削って造られた比較的新しい駅で、当時、駅の周辺一帯は雑木林だったそうです。

それが、1998年には、建設省(現・国土交通省)の「都市景観100選」を受賞し、最近は、大型マンションが続々と建設され、大学もできて、駅前広場を歩いていると、どこからこんなに人が湧いてくるのだろう^^と思うほどのにぎわいです(^_-)。

新百合ヶ丘は、駅ができてからまだたったの40年。歴史が浅いので、東京の下町のように、何代も続いているような老舗のお店や、味わいのある路地裏通りなどは、残念ながらほとんど見あたりません (>_<)。(全国展開しているチェーンのお店がとても多いです(>_<)。)

食べログ的には、あまりぱっとしない新百合ヶ丘。
でもね~(^_-)、この小さな街には、日本に誇れる、いえ世界に誇れるケーキやさんが2.5軒もあるのです~(*^_^*)。


♪♪♪


1軒目は、駅南口から20分ほど歩いた山口台という瀟洒な住宅地の中で、ひと際ユニークな形で目立っている、ウィーン風菓子のお店「リリエンベルグ」です。

オープンしたのが1988年なので、その頃の新百合ヶ丘駅周辺は、まだ建物も少なく空き地がいっぱいで閑散としていましたが、既に「新百合ヶ丘にリリエンベルグあり」と言われるほど、たいへん有名なお店でした。
車で1時間かけてわざわざ買いに来る、なんて噂もよく聞きました。

リリエンベルグとは、ドイツ語で「百合の丘」という意味らしい。
駅からかなり離れているにもかかわらず、いつも若いママさんたちでいっぱいで(いえ、私みたいなおばさんもいっぱいだわ^^)、いつ行ってもしばらく並ばないと買えないくらい混んでいます。

恐らく、新百合ヶ丘の住人で「リリエンベルグ」を知らない人はいないでしょう(^_-)。


c0237493_14306.jpg
これがリリエンベルグです。建物だけでも圧倒されます。

c0237493_151670.jpg
木彫りの熊さんが迎えてくれます。

c0237493_19135.jpg
ぜったい入ってみたくなるかも^^

c0237493_16416.jpg
上を見上げると・・・。

c0237493_17556.jpg
お店の隣には、雰囲気のあるカフェが併設されています(^_^)v。


♪♪♪


2軒目は、駅北口から歩いて6~7分、新山手通りに面するマンションの1階に、2011年にオープンした、できたてホヤホヤの「パティスリー エチエンヌ」です。

この店のオーナー兼パティシエは、フランス・リヨンで開催される洋菓子世界大会の最高峰である「クープ・ドゥ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」に、日本代表選手の1人として出場し、優勝した実力派とのこと。

エチエンヌのケーキは、どれも目で楽しめて(ほんとうに美しい)、口の中に入れると、何とも言えないクリームの複雑な味。美味しいのはもちろんですが、「幸せ~」を感じます。

今までは、どちらかと言うと「あんこ党」で通っていた私ですが、この店のケーキを食べて以来、洋菓子もありかな~、と思うようになりました。


c0237493_1102780.jpg
リリエンベルグとはまた違って、モダンな佇まいです。

c0237493_1134763.jpg
厨房の中です。お店に入るとガラス越しに見ることができます。皆さん、キビキビと仕事をしていました(*^_^*)。

c0237493_1141270.jpg
どのケーキもほんとうに美しくて美味しそう~。

c0237493_1144659.jpg
キャラクターのブタちゃんです。「ブタのおしり」というケーキもあります。

c0237493_115830.jpg
このグローブ、チョコレートで作られているそう。


♪♪♪


そして、もう1軒、ではなく、もう0.5軒は、数々のお菓子の世界大会で優勝経験を持つ、あの天才辻口博啓シェフのケーキが食べれる「ウィッチムーンカフェ」です(なぜ、0.5軒かは、あとでわかります~^^)。

このお店は、北口から歩いて5分、川崎アートセンターの隣のメディカルモリノビルの1階にあり、ハーブティとケーキのセットとして食べることができます。

辻口シェフの作るケーキは、和菓子でもなく洋菓子でもなく、そういうジャンルを超えた不思議で未知の味かな~^^。甘さを極限まで減らして、複雑かつ上品な味わい^^、ハーブティとコラボする味をイメージして作られているように思いました。

ただ残念なことに、辻口ケーキが食べられるのは、火・金・日の週3日のみで、しかもお持ち帰りができないのです(ざんねーん)。それで、1軒ではなく0.5軒にカウントしました (^_-)。


c0237493_7201428.jpg
辻口シェフの作ったケーキ。つい写真を撮るのを忘れて、半分食べてしまいました(ざんねーん(>_<))。

c0237493_721553.jpg



♪♪♪


世界に誇れる美味しいケーキやさんが、狭―い新百合ヶ丘に2.5軒もあるなんて、ほんとうにすごいです。あんこ党の私でもうれしくて誇りに思います(^_^)v。

でも、新百合ヶ丘に、あんこの美味しいお店が1軒も見当たらないのは、ちょっぴりさびしいでーす(―_―)!!。
[PR]
by bananadebu | 2013-04-15 01:39 | 新百合ヶ丘 | Comments(8)
Commented by Dai at 2013-04-15 07:59 x
「リリエンベルグ」いつか行きたいと思っていたんですよ~
今度案内してください。
junko-mamaさんのお嬢さんが 接客しているはずです。(*^_^*)
と~さんと一緒に面接に行ったと言っていまして お嬢さんがどうしても働きたかった所だそうです。
わ~今度行こうね。(^_-)-☆
Commented by ピメント at 2013-04-15 20:20 x
新百合ヶ丘はやっぱり、和菓子よりケーキの似合いそうな街ですね。
また、ベニハナトチノキの時期になったらお訪ねしますので、ぜひご案内くださいませ。(^_-)-☆
辻口パティシエの自由が丘の店には行ったことがあります。確かにおいしかったと記憶しています。
そのうちに京王線沿線にもいい店がありますのでご案内しますからお出かけください。
Commented by 矢車草 at 2013-04-15 22:32 x
Daiさーん

私も、昨年、junko-mamaさんからお嬢さんがリリエンベルグのスタッフだと聞いてびっくりしました(^_-)。世間って狭いんだなあと^^。リリエンベルグで接客されているなら、きっと笑顔が素敵なお嬢さんなのでしょうね~。会ってみたーい(^_-)。
リリエンベルグは、お店の前を通ってもいつもお客さんが多くて、並ぶのが苦手な私は横目でチラッと見ながらスルーしていました^^。だから、今回リリエンベルグのケーキの写真がないのが残念でーす。是非ご一緒したいでーす(^_^)v。よろしく~(^o^)/。

Commented by 矢車草 at 2013-04-15 22:35 x
ピメントさーん

やっぱりしんゆりはケーキが似合いますか~(フフ)。
私は、どちらかと言うとあんこ党なので、ピメントさんのブログを見て「食べたーい」と、いつも指を加えていましたよ~。
あんこ党でも、2.5軒のケーキはどこもほんとうに美味しいです。特にエチエンヌのケーキはクリームが口の中に入ると「幸せ~」と思ってしまいます。カロリーのことを考えないともっと幸せなのですが^^。
知ったかぶりをしていても、実際は駅の周辺しか知らないので(-_-;)、もしかしたらピメントさんの方が新百合ヶ丘のこと、詳しいかもしれませーん^^。きっと私の方が案内されるような気がします(^_-)。そのときはよろしくお願いします~(^O^)/。
Commented by すいれん at 2013-04-20 11:28 x
おはようございます。
ケーキが似合う街なのですね。
新興都市らしいモダ~ンな感じですね。
お店が並んでいる様子などパリといっても通じそうな雰囲気、
いかにもお洒落な印象です。

私はケーキ類には弱くて、1年に1個食べるかどうか・・・・
別に嫌いというわけではないのですが、自分から好んで口にすることはないですね。酒呑みのせいかな?
だから、羨ましい気持ちがあります。
Commented by 矢車草 at 2013-04-20 22:29 x
すいれんさん、こんばんは~(*^_^*)。
そうなんです。新百合ヶ丘駅周辺は、計画的に造られたので、
ちょっぴり気取った感じがして、確かにあんこよりケーキが似合う感じがします( ^)o(^ )。
でも、私が越して来た10年前は、いたるところで私が子供の頃(50年前位)見た田舎の原風景があったんですよ(まだ日本が貧しかった頃の風景です)。
駅の近くでもホタルが見られたらしいです。それが、たった10年でほとんど開発しつくされてしまいました(>_<)。

えッ?ケーキを1年に1個食べるかどうか・・・ですか?信じられなーい。
すいれんさんは正真正銘の呑んべえ^^なのですね~(^_^)v。
うんうん、でも想像通りでーす(^O^)/。
Commented by クリス at 2013-04-30 23:05 x
矢車草さん
今頃 のこのこやってきて コメいれても許されるでしょうか?
新百合ヶ丘はモダンな街でした。やっぱりあんこより断然ケーキが似合う街かしらね。ヽ(^o^)丿
きっとお若い方が多く住んでいらっしゃるのでしょう?
その方達がもう少しお年を召した頃には、和菓子の美味しいお店ができてきっと繁盛するのでは?(笑)

通りの広さ、街路樹にベニバナトチノキを選んだこと、ビルの綺麗さなど
計画的に造られた都会のイメージがありますね。(^_-)-☆

リリエンベルグのお店の佇まい、あの熊さんは、私の好みで(笑)
再チャレンジしようかな?と思わせるものがありました。
モダンなものより可愛いものに どうも惹かれるところがあるようです。

素敵な街の美味しさ満載のご案内ですね。

私は、今はあんこ党ですが、ケーキを食べまくった過去も持ち合わせていて、
守備範囲はけっこう広いのですよ。
貴重な情報 ありがとうございました。
Commented by 矢車草 at 2013-05-01 10:28 x
クリスさん、おはようございまーす(*^_^*)。

今頃ですか~? と思われるだろうなあというときに、
私もよくお邪魔してしまうことがあるので、もちろんいつでもライライでーす^^(*^_^*)。

お若い方たちがお年を召した頃にあんこのお店ができても、その頃まで生きているかどうか・・・^^。そんなお年になりました(>_<)。

あんこ党の私でも、エチエンヌのケーキはほんとうに感激しますよ~(種類にもよるでしょうけど)。
秋の栗のケーキを食べたときは、思わず笑みがこぼれてしまいました。
ヒカリエに進出ですか?さすが、クリスさんのリサーチ力すごいです(^_-)。
でも、新ゆりだけにしてほしかったけどなあ。自慢できなくなってしまいますものね^^。

あの熊さんが好みですか~?(フフ)。
確かに、何となく惹かれて中に入ってしまう力がありそう。
リリエンベルグは是非再チャレンジしてください。伝説のケーキやさんですから。

今日もこれから弟の家のベランダの鉢植えに水をやって、それから病院に行って来まーす(^O^)/。