日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

「ドビュッシー、音楽と美術」展~ブリジストン美術館



10月12日(金曜日)、その日は暑くもなく寒くもなく、散歩するのにはもってこいのお天気に恵まれ、京橋のブリジストン美術館で開催されていた「ドビュッシー、音楽と美術」展に行ってきました(^_-)-☆。
(見に行くに至った経緯は、前回の「秋の雲、そしてばなな」のCさんとのコメに書かれています(^_^)v)


この展覧会のパンフレットには、副題に「印象派と象徴派のあいだで」とあり、ドビュッシーと同時代の美術との関係に焦点をあてて、印象派や象徴派の芸術家の作品を紹介しています、と書かれていました。


印象派というジャンルは、今さら説明するまでもなく、ウン十年も前に習った、中学や高校の教科書に、画家ではモネやルノワール、作曲家ではドビュッシーやラベルなどが属すると書いてあり、この歳になるまであまり深く考えることもなく、「ドビュッシー=印象派」、と素直に記憶していました。


それが、今回の展覧会で初めて知った衝撃の事実(まあ、大袈裟ですが^^)

「ドビュッシーは印象派ではない」 らしいのです。


近年、「ドビュッシーは印象派ではない」との見方がクローズアップされていて、現在の音楽史の通説では、「ドビュッシーは象徴派」という派に位置しているのだそうです。
ドビュッシー自身が、「印象主義」という範疇の位置づけを嫌って、印象主義者だとは認めなかった、と音声ガイドでも紹介していました。


えーっ?そんなー。
でも、象徴派ってなによ? 今まで聞いたことがなかったわー(^_^;)。


まあ、私にとってはどっちに属していようが、ドビュッシーの音楽が変わるわけではないし、あまり関係はないけど・・・。だけど、ちょっと気になるなあ。


♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫ 


この展覧会では、ルノワールの描いた有名な「ピアノに向かうイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロール」の絵をはじめ、ドビュッシーの活躍していた時代の絵画を中心に、150点近くの作品が、とても見事に分類され、関連付けられた10のコーナーに分けられて展示されていました(かなりの見応えでした)。


ドビュッシーは、気に入った絵画をいろいろ収集して自宅に飾るなど、絵画をとても好んだ作曲家だったらしいのですが、作曲するうえに影響を受けたのは、印象派のモネやルノワールではなく、多くが象徴派と言われた画家だったとのことです(北斎や広重の版画など、ジャポニズムにも影響されたらしいです)。特に画家のドニとは深い交流があって、ドビュッシーのいくつかの作品の譜面の表紙には、ドニの絵が使われていて、その美しい譜面も展示されていました。


絵画だけでなく、象徴派と言われる詩人からも、いろいろ影響を受けたとのこと。   
ドビュッシーの代表作の管弦楽「牧神の午後への前奏曲」は、フランスの象徴派の詩人マラルメが書いた「牧神の午後」にインスピレーションを受けて作曲し、ピアノ曲の「月の光」は、やはり象徴派の詩人であるヴェルレーヌの詩にインスピレーションを受けたそうです。(マラルメもヴェルレーヌも、なんだかとても難しそうな感じがして、実際に詩を読んだことはありませんが(^_-))。


とは言え、私には、ドビュッシーの海の描写は、印象派の画家と言われるモネが描いた、照りつける太陽の光を反射し、きらきら輝く水面を想像してしまいます。


やっぱり、ドビュッシーは印象派と言えなくもない?、と思うのですが・・・
印象派と象徴派の違いって、なんだろう?


どっちに属していようがあまり関係ないわ、と言っておきがら、やっぱり気になっているのです^^。
(7月にアップした「ダン・タイ・ソンのピアノ演奏会」でも、「ドビュッシーの音楽は印象派の絵を思い浮かべる、」というようなことを書いていたので(^_^;)。)


ネットで調べてみたら・・・
「印象主義は外界を描写し、象徴主義は内面の表現を志向する・・・」
うーん、難しくて、やはり私にはよく理解できません((^-^)ゞポリポリ)。


でも、素人考えですが、ドビュッシーが活躍した19世紀末から20世紀初頭にかけては、印象派と象徴派は、反発しながらも時代的に重なり合っていたとのことなので、ドビュッシー自身が印象派を否定していたとしても、どちらからも強い影響を受けたと思うのが、妥当のような気がしてなりません。


今回の「ドビュッシー、音楽と美術」に付けられた「印象派と象徴派のあいだで」という副題は、はっきり決めつけないで、なにか曖昧で、それが見る側にいろいろなことを想像させるので、うまい^^副題を付けたものだと、感心してしまいました(^_-)。


これからは、「象徴派のドビュッシー」と呼ばないといけないのかしら?
なんかしっくりこないけど~(^_-)-☆。



♫♪ 美術館のショップで、気に入った絵葉書を買ってきました(*^_^*)。

c0237493_10593764.jpg
      絵葉書:ルノワール作「ピアノに向かうイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロール」

c0237493_110188.jpg
                絵葉書:ドニ作「木々の下の人の行列」

c0237493_1103356.jpg
               絵葉書:マネ作「ステファヌ・マラルメの肖像」

c0237493_1104665.jpg
                絵葉書:ドガ作「踊りの稽古場にて」

c0237493_15393067.jpg
                  絵葉書:クロス作「黄金の島」


今回の「ドビュッシー、音楽と美術」展は、日本に来る前に、パリのオランジュリー美術館で開催され、予想を上回る入場者で話題になったとのことでした。やはり、企画がユニークで素晴らしかったのですね(#^.^#)。
[PR]
by bananadebu | 2012-10-22 11:17 | 音楽・美術 | Comments(9)
Commented by suirenn2 at 2012-10-23 08:23
おはようございます。
音楽と絵画、なるほど、こういう関連があったのですね。
音楽における印象派、象徴派といったこと、私は知りませんでした。
良い勉強になりました、アリガト!
何でもそうですが、分からないながらも少しでも興味を持って
自分で探っていくと気持ちに触れることがありますよね。
素通りしてしまうか、ちょっと立ち止まってみるか・・・・・
ちょっとでも自分を磨くために、その違いって、大きいと思います。

何しろ、錆びる一方、自分でその気になって錆止め、錆落としを
しないと・・・・・私の場合は・・・ですがね。

音楽も絵も、とっぷりと芸術の秋でしたね。
Commented by クリス at 2012-10-23 09:02 x
おはようございます。
矢車草さんのお話を読みながら、「なるほど~なるほど~!そうなんだぁ~」と、
もういちど楽しんで頷いています。ヽ(^o^)丿
印象派の絵はよく観に行きますが、象徴派?って誰なんだろう?
私はそんなレベル(笑)
…「印象主義は外界を描写し、象徴主義は内面の表現を志向する・・・」…
う~~む、分からないなぁ~
でも、点でしか知らなかった人たちが繋がると、ちょっと感動するわね。

友人たちと出かけると、それぞれ注目するものが違うのが面白いです。
今日は雨になりましたね。
Commented by うーん、すごいな! at 2012-10-23 09:46 x
矢車草さんはそこまで深く絵画を鑑賞する方だったのですね。

私もブリジストン美術館は収蔵品が好きなものが多く、静か
な雰囲気で大好きな美術館ですが、今回は見逃しました。
これは蛇足ですが、ここのカフェのスコーンは本場イギリスの
ようにクロテッドクリームが添えられていて、なかなかですよ。
今度またいらっしゃる機会があったらお試しを(^_-)-☆

せっかくの美術の秋も足の故障で今年は見送りになりそう
です。
東京は居ながらにして世界の美術館の名品を見ることができ
本当に便利です。地方在住の友人が羨ましがっています。
ルーブルもオルセーも何度か行ったのですが、いかんせん
広すぎて疲れの方が先に立ってしまうので、このように名品
を選んで持ってきてくれる方がじっくり鑑賞できていいですね。

そのうちに好みが合うものが来たらご一緒しませんか?
Commented by ピメント at 2012-10-23 09:48 x
すみません。名前のところに題名をかいてしまいました。
まったくそそっかしいのは相変わらずです(ー_ー)!!
Commented by 矢車草 at 2012-10-23 17:39 x
すいれんさん、こんにちは~(*^_^*)。
今日は、母を連れて、久しぶりに外食してきたのですが、
買い物して帰ったら、もう薄暗くなってしまって。
日が暮れるのが、ほんとうに早くなりましたね(-^〇^-)。
 
ドビュッシー=印象派、って刷り込まれていた者にとって、
今回のことはかなり衝撃的でしたが(象徴派、なんて聞いたこともなかったので)、
でも、こういうことがあって、なぜ?って調べていくと、
今まで知らなかった新しい発見があったりして、
それもけっこう楽しいと思いました (^_-)-☆。
すいれんさんのお花にまつわる、何気ないちょっとしたお話も、
人生を語っていらして、わたしにとってはいつも新しい発見ばかりです(*^_^*)。


Commented by 矢車草 at 2012-10-23 17:40 x
クリスさーん、
クリスさんのコメの一言から、こんなことになってしまいました~(^_-)-☆。
ほんとうにありがとうございました(*^_^*)。

今思い出しても、あの展覧会はすばらしかったなあ、としみじみ思います。
恐らく、ものすごい企画力のある方たちが作り上げた賜物では、なんて。
もう少し早く見に行っていたら、私も周りの人たちに薦めることができたのに~^^。ざんねーん。

ドビュッシーの曲は、昔から?好きでしたが、
展覧会を見た後に、ネットでドビュッシーについて調べてみたら、
けっこう女性関係にだらしないことがわかって、ちょっとがっかりもしました(^_^;)。
新しい発見の中には、知りたくなかったことも見つけてしまうのですね^^。

Commented by 矢車草 at 2012-10-23 17:41 x
ピメントさーん、こんばんはー(*^_^*)
もう外は真っ暗になってしまいました。

うーん、すごいな!さん、って誰だろう?としばらく考えてしまいました(フフ)。
今回こんなことを書いてしまいましたが、私は絵に関しては、ほとんどど素人です^^。
初めに申し開きしておかないと、たいへんなことになりそうなので^^ネ。
ブリジストン美術館も今回初めてですし、海外の美術館はどこも行ったことがありません。
仕事を辞めて、少しだけ自由な時間ができたので、興味がある展覧会や音楽会などに行き出した、まだ駆け出しです(^_-)。
ブリジストン美術館のカフェ、ステキだなあと思って横目で見ていたのですが、次回行くときは絶対に寄ってみますね。

好みが合うものがあったら、是非是非ご一緒させていただきたいですが、いかんせん↑なので、いろいろ教えていただけるとうれしいです(^O^)/。楽しみでーす。
Commented by Dai at 2012-10-23 18:29 x
トップのばななちゃんのお写真 可愛いですね~
ダイもリハビリ頑張っているので ブログに載せたいのですが…
バタバタしててね~
お母さま送られて もうコメのお返事書かれて早いですね。
即実行 でないとね。
多分 日常サイトを開いて即、お返事書かれたのでしょうね。
だから お名前欄があり矢車草と入力できたのでしょう。
ご自分のサイトにログインしてから このページのコメ書こうとすると名前欄がないのではないでしょうかね~
あまり詳しくはわかりませんが…ココログ族としてはね。(*^_^*)

美術館好きな友人がいるので 誘われると即「はいっ」とお返事して 連れて行ってもらいます。
私は 音楽会の方が好きなんですがずいぶんホールがなくなって…
ABCホールや朝日生命ホール、厚生年金会館など・・・
残念ですが、最近は あまり行っていないな~~

メトロポリタン美術館展もいいかもね。
ほんと!すごいな~です。
すごいわ~ パチパチ
あ、ダイのご飯タイム だわ。
ブログ 楽しく拝見しましたワン!!(^.^)/~~~


Commented by 矢車草 at 2012-10-23 22:34 x
Daiさーん、ダイちゃん頑張っているんですね(*^_^*)。よかったあ(ホッ)。
最近、ダイちゃんのアップがご無沙汰しているので、
やはりリハビリたいへんなのかなあ、と思っていました。
早く効果が出るといいワン。
頑張っているダイちゃん、早くみたいです~(^_-)-☆。

bananadebuのこと、わかりましたよ~(*^_^*)。
Daiさんがおっしゃるように、ログインしてからコメ欄を開くと、
名前を書く欄がなくて、自動的にbananadebuになってしまうのですね。
やっと疑問が解けました。
ほんとうにありがとうございました m(__)m 。

私もどちらかというと、音楽会の方が好きかな。
ABCホール、朝日生命ホール、厚生年金会館、
どれも行ったことはないけど聞いたことはあります。
今はもうないのですか?思い出があると、ちょっとさびしいですね。

メトロポリタン展、いいですか~?
行きたいなあ。行こうかなあ(^O^)/~~~。