日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

ダン・タイ・ソンのピアノ演奏会



ダン・タイ・ソンは、1980年、第10回ショパンコンクールで、東洋人として初めて優勝し、最近は、毎年のように日本で演奏会を行っている実力派のピアニストです。

5年に一度行われるショパンコンクールで優勝することは、一流のピアニストとしての活躍の場を与えられたという証しなのですが、来日するたびに、気にはなっていたものの、今まで彼の演奏を聴く機会にめぐり会えませんでした。


前から一度聴いてみたかった「ダン・タイ・ソン」。
6月26日、念願かなって、四ツ谷の紀尾井ホールに聴きに行ってきました(^_-)-☆。


ダン・タイ・ソンは「ショパン弾き」と言われているように、コンサートで演奏する曲目は、ショパンの作品が圧倒的に多いようなのですが、今年は、「ドビュッシー生誕150年」ということもあって、この日のプログラムは「オール・ドビュッシー」でした。

「オール・ドビュッシー」というプログラムは、一般的には「華がなくて、盛り上がりに欠けて、ちょっとつまんないわねえ」と敬遠されがちだと思いますが、その日の会場は、「彼のドビュッシーを聴きたいのよ」と、ダン・タイ・ソンの演奏会は何度も聴きにきているらしい、ベテラン的(?)雰囲気が漂っていました(笑)。

演奏は時間通りに始まりました。

繊細で陰影に富んだ透明感のある音色は気品があって、目を閉じて聴いていると、まるで印象派の絵画が目の前に現れてくるような、音が絵画になっていく感じがしました。

しかも、最後まで途切れない凄まじい集中力を持続した演奏は、どの曲もほんとうにすばらしいものでした。

私の右隣に座っていた男性は、演奏中、ずっと自分の指を、まるで一緒に弾いているかのように動かしていて、プログラムが終了したときは、私の右耳が痛くなるほど力いっぱい拍手していました(割れんばかりの拍手というのは、こういうのかと思うくらい(^_^;))。

私も、気持ちを伝えたくて、手を上の方に挙げて拍手しました。立ち上がって拍手する人もたくさんいました。

そして、アンコールの1曲目は、ベルガマスク組曲より、とても有名な「月の光」、2曲目は、前奏曲第2集より「花火」でした。

これらのアンコール曲もとてもすばらしく、興奮した観客席は、「もう1曲」と盛大な拍手を送りましたが、ダン・タイ・ソンは、手を胸にあてて、「どうもありがとう。でも、今日はこれで終わりにさせてください」とでも言っているようなしぐさを何度もして、やっと演奏会は終わりました。

ほんとうに気持ちのいい演奏会だったなあ。余韻がずっと残りました(*^_^*)。

            
                      ~♪♪♪~


ダン・タイ・ソンについては、ショパンコンクールで優勝したこと以外は、あまり詳しいことを知らなかったので、次の日、どういう少年時代を送ったのかなあ、と知りたくなって、ネットで情報収集をしてみることにしました(^-^)ゞポリポリ。

彼の経歴は、なかなか興味深いものでした。

ダン・タイ・ソンは、ベトナムのハノイ出身で、ピアノは、ハノイ音楽院の教師をしていた母親から習ったそうです。ただ、その頃のベトナムは、戦禍の真っただ中で、ピアノを練習するのはかなりたいへんだったようです(私は、名前の感じから、つい最近まで、彼は中国人だとばかり思っていました。ベトナム人だったのですね(恥ずかしい(^_^;))。

一家で山奥へ疎開したときは、ピアノをえっちらおっちらみんなで疎開先に運んだり、防空壕で生活を余儀なくされたときは、紙に鍵盤の絵を描いて練習していた、という「紙鍵盤伝説」もあります。

その後は、旧ソ連の名門モスクワ音楽院に留学することになりましたが、恵まれない環境であったにもかかわらず、大きな夢を持ち続けながら、ピアノに向かう気持ちを持続させ、その結果、ショパンコンクールで東洋人初の優勝という快挙を成し遂げた、と説明されていました。

更に、ネットで調べていくと、アメリカの大学教授(日本人)が書かれているブログで、興味深い記事を見つけました(^_^)v。

そのブログによると、ベトナム戦争終戦40周年にあたる2015年の公開を目指して、ダン・タイ・ソンのドキュメンタリーができることになった、とありました。

そのドキュメンタリーの制作資金を募る会が5月に開かれ(ウワー、アメリカらしい^^)、その会で、ダン・タイ・ソンがシューマンやショパンを弾いたのですが、そのあとに、お母さまと連弾を披露されたとのこと。

お母さまは93歳にもかかわらず、今でもかくしゃくとされていて、この日は1曲で終わる予定が、アンコールでジャズを弾かれたそうです。


このドキュメンタリー、日本でも放送されるのでしょうか。放送されたら、是非見てみたいです(^_-)-☆。



c0237493_1552228.jpg
最近のダン・タイ・ソン。30年前にショパンコンクールで優勝したときは、やせっぽっちでトンボのようなメガネをかけていて、好感度はあまりよくありませんでしたが(ビジュアルも大切^^)、歳を重ねるごとに充実したいいお顔になっています(#^.^#)。


★この日の演奏曲目は、「版画」、「2つのアラベスク」、「映像第1集」、「喜びの島」、「前奏曲集第1巻」でした。


★ドビュッシー作曲 「映像第1集」から「水の反映」 (演奏:ダン・タイ・ソン)

by bananadebu | 2012-07-01 11:36 | 音楽・美術 | Comments(4)
Commented by クリス at 2012-07-01 23:35 x
我町の有名人「やくみつる」さんにちょっと似ているような?(*^_^*)
ごめんなさい!

>目を閉じて聴いていると、まるで印象派の絵画が目の前に現れてくるような、音が絵画になっていく感じ
う~~ん!イメージしてみました。イヤ~しようとしてみました。(^_-)-☆
私にはチト難しいようですが、ピアノのコンサートでは、私も目を閉じて聴きます。
間違って寝てしまわないように、睡眠は十分とって出かけるようにして。(^_-)-☆

矢車草さんの語り口が面白くて、私も「ダン・タイ・ソン」さんのショパンを聴いてみたくなりました。
彼のこと知らなかったの・・・興味が湧いたわよ。
あれ?ドビュッシーじゃないんだぁ~(@_@;)

↓ プレゼンの様子に想像力を働かせ笑顔でフムフムと・・・
新百合南口のフォト、楽しませていただきました。
もちろんBGM付きで(笑)良い曲ね~
そして素敵な街ね~
「田園ぽてと」のお店の佇まい、いいなぁ~と思いました。
Commented by Dai at 2012-07-02 05:50 x
梅雨らしい雨の朝散歩でした~
ばななちゃんは 雨でもお散歩するのですか?
ダイは雨だとカートに乗れないので マンション周りだけでちょっとかわいそうです。

紀尾井ホール、以前は良く行きました~有名な料亭の前と通ってね。
大ホールの方ですよね。

演奏会、ちょっとおしゃれしてちょっと緊張しながら待つ 終わった後の余韻…たまにはいいですよね。
好きな演奏家ならなおさら…
でも 生演奏ならだれでもいいというと語弊がありますが 演奏者の息吹が直接感じられ 感激しますね。
良かったですね~楽しまれて。

ピアノの「絵鍵盤」、娘もそんな時ありましたっけ~
ピアノが来るのが待ちどうしくって…ね。(ちょっと違うよね~)

フォトムービー、楽しませていただきました。
いい街にお住まいだな~~と羨まし!。
でもわが街も見直せばきっと 新発見があるはずですよね~(負け惜しみ。。。笑)
乗り換え場所でしかなかった新ゆり 今度降りてみたくなるムービーにバンザイ!ヽ(^o^)丿

そうそう~誰かに似ていると思ったわ。な~るほど(*^_^*) >クリスさん。
Commented by 矢車草 at 2012-07-02 12:17 x
クリスさーん、おはようございまーす(^_-)
「やくみつる」さん、私ももちろん知ってます^^けど、
ひゃー、まさかー、同列に並べられるとはー(^_^;)。
でも、よくよく見ると、たしかに似てるなー^^。
コンクールで優勝しても、その後どうなっちゃったの?
と思うようなピアニストもたくさんいますが
(私はブーニンが大好きだったのに、あのブーニンはどこに行ってしまったの?((>_<)))、
ダン・タイ・ソンさんは、ほんとうにオーソドックスに真摯な姿勢で音を追及されて
今に至っている感じがしました(偉そうに言ってしまいました^^)。
ドビュッシーの曲は、ほんとうに絵画を見ているようでしたよ(*^_^*)。
今回の演奏会は、ツウの方が多かったようでしたが(そういう空気を感じました^^)、
その方たちが大きな拍手していたので、やっぱりすばらしい演奏会だったのだと思います。
是非、ショパン^^、機会があったら聴いてくださいね(^o^)/

今から出かけるので、Daiさんー、戻ってからお返事しますねー(^o^)/
Commented by 矢車草 at 2012-07-02 23:00 x
Daiさーん、お待たせー(*^_^*)しました。
病院の付添いだったのですが、2時予約なのに順番が回ってきたのは
4時半 (-_-;)でした。待ち時間どうにかしてほしいです((>_<))。
ばななは、雨の日(あがっていても道がビショビショのとき)は、お散歩なしです(^_^;)。失明してからは、用事(大小)を済ませると、Uターンしてしまうので、歩かせるのはたいへんです。
仕方なく、最近は、抱っこして区役所まで連れて行っておろしています。
(と、夫は言っていました(^_^;))。
紀尾井ホールはよく行かれていたのですかー?
こじんまりしていて、独奏だったらちょうどいい広さで、気持ちいいですね(*^_^*)。お嬢さんもピアノ習ってらしたんですね(^・^)。ということは、娘さんとよく紀尾井ホール通われたのかなあ。ウワー、ステキ。そういうの憧れでした。(うちは、男ばかりで((>_<))。
新ゆりすてきでしょう?^^。
でも、川口は、鉄の街で、新ゆりと違って歴史があるから、もっとディープな面白さがありそう^^。川口のよさも知らせてもらえたら、うれしいです。前にアップしていただいた彫刻があった公園、とてもすてきでしたよ~。あの彫刻とっても気に入りました(^o^)/。