日常

nichijo12.exblog.jp
ブログトップ

さまよえるオランダ人



先週の日曜日、近くに住んでいる弟に誘われて、ワーグナー作曲のオペラ「さまよえるオランダ人」(新国立劇場)を観てきました。

「さまよえるオランダ人」は、ワーグナーのオペラの中では珍しく3時間、と上映時間が短く、馴染みのメロディーが多いので、私にはうれしいお誘いでした。

このオペラは、永遠に海をさまよう呪われたオランダ人船長を、乙女ゼンタの愛と自己犠牲が救うというお話で、ワーグナーの生涯のテーマである「愛による救済」が描かれています。(パンフレットのあらすじを参照しました^^)

主役の歌手たちはもちろんですが、合唱も素晴らしかったです。特に感動的だったのは、2幕最後のオランダ人と乙女ゼンタの2重唱です。ちょっぴり鳥肌が立ちました。

ただ、欲を言うと^^、乙女のゼンタがおばさんみたいで、どうしても乙女には見えなかったこと(おばさんがこんなことを言ってごめんなさい(^-^)ゞポリポリ)。
それは日本人ではとうてい考えられない体形で・・・(遠くから見てもごまかせないくらい)
やはり、乙女は見た目も乙女らしい・・のがよかったなあ(笑)。

オペラに詳しい弟に感想を言ったら、確かに気持ちを移入するのは見た目も大事だけど、ワーグナーのオペラは、そういう体形の歌手でないと、とても最後まで歌いきれないとのことでした。

そう言われればそうかも・・・。高音が半端じゃなかった。それが、何度も何度も出てきて、あの壮大なアリアを歌いきるのは、乙女体形の歌手では無理なんだー(ちょっと納得)。

でも、やはり、見た目と声と演技がすべて揃ったワーグナー、いつか観てみたいなあ(^_-)-☆。



c0237493_2344879.jpg

          確かに、素顔はかわいい方のようですネ。ちょっと言い過ぎたかなぁ(^^ゞ
[PR]
by bananadebu | 2012-03-18 23:16 | 音楽・美術